スツールに1つに、パフォーマンス道具全てを入れて遠征するミニマリスト系スタチューパフォーマー、Mr.Kidsです。

今回は僕が普段持ち運んでいる荷物を全て公開していこうかと思います。

自分のパフォーマンス用の荷物と比較してみて、今後の参考にしてみてください。

持ち物

まずは超重要なカラコン。

目が悪いから、コレがないとお客さんの顔が見えないんですよね・・・笑

そしてメイク道具ほか。メイク道具の解説はここでは割愛させていただきます。

メイク道具をパッキングするとこんな感じで無駄なく持ち運べます。

体積をなるべく少なく持ち運びたい場合にオススメ!

これは怪しい粉ではありませんよ(笑)

ベビーパウダーをジップロックに詰め替えたものです。(ベビーパウダーの箱は比較対象として)

詰め替えることによってこれだけ薄くなり、無駄に大きい容器を持ち運ばなくても良くなります。

メイク系の道具では一番大事な鏡。首の後ろまでしっかり塗る為、合わせ鏡用に2枚必要。

こちらはセリアに売っている鏡で、薄くて丈夫で自立するのが特徴です。

続いて、メイク落とし用品。

左から順に「ステージクレンジング」「クリシングクリーム」「クレンジングオイル」「乳液」

写真にはありませんが、厚手の「ウェットシート」もメイクを落とす際に必要です。

こちらもパッキングすると無駄なスペースをとらずに持ち運べます。

ここからは衣装をご紹介。

まずは造形ウィッグ。

そしてそのウィッグを被る前に被る、ネット。

頭に被って、ピッタリになるようネットを後ろに引っ張り、グルグルと団子を作り、中に入れ込む。

これで、髪の毛を見せることなく綺麗にウィッグを被れます。

こちらはYシャツ。

Yシャツの上に着る、ベスト。

ベストの上から着る、ジャケット。

そしてズボン。

靴。

こちらはたまに使ってる蝶ネクタイ。

マグネットを仕込むと簡単に装着できます。

こちらはサスペンダー。

これを忘れたら大変!こちらは投げ銭入れ。

そしてその投げ銭入れをスツールに直接、固定する為のネジと+ドライバー。

こちらは偽のスマートフォン。

展示模型用でAmazonで2000円程で購入。

こちらはパフォーマンス中にスマートフォンを操作するときに必要なタッチペン。100円ショップで購入。

ネームプレート2枚。

自分用とユニットパフォーマンス用です。

こちらは道路使用許可証。

期間中は必ず持ち歩いてます。

そして負荷に弱いスツールの強度を上げる為の補強版2枚セット。

組み立てるとこんな感じ。折り畳み時は薄くなって持ち運びも便利です。

そして台座兼、今までの紹介してきたモノを入れる道具箱として使っているスツール。

僕、イチオシの台座です!!

これは荷物締紐。

ホームセンターなんかでよく見ます。

このように、中の物が落ちないようにする為に使用。

全部、仕舞うとこんな感じ。

衣装類の奥はこんな感じで道具類が入ってます。

たまに使う物

まずは、S+Renjoyのゴミ拾い活動によって使う「広告用プレート」。

週1回使用。

最近はあまり使わなくなった「名前プレート」

こちらも、S+Renjoyのゴミ拾い活動によって使うヒバサミやゴミ袋、軍手などを収納できる「アジャスターケース」と呼ばれるものです。こちらは画材屋さんで購入。東急ハンズなんかでも売ってます。

最後に

今回は割とサクサク進むライトな記事でした!

スタチューパフォーマーさんの悩みの種である、荷物量の問題。

パッキングなどを駆使すれば大幅に荷物量を減らすことが出来るので、是非、参考にしてみて下さい。

最後までご覧いただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.
Mr.Kids

Mr.Kids

23歳・アーティスト スタチューパフォーマーとして活動する傍ら、ゴミ拾いや募金活動、イベント運営なども行う。お金・遊び・ミニマリズムなどを勉強しており、今現在はプログラミングに挑戦中。