その他

S+Renjoyのスポンサー様を募集します!


京都の大道芸人、スタチューパフォーマー歴5年目のMr.Kidsです。

今回は宣伝広告活動について、メールでの依頼から実際に宣伝に至るまでの流れのご紹介をしていこうかと思います。

ゴミ拾い活動でのご紹介

私が代表を務める、地域貢献活動を行う任意団体「S+Renjoy」のゴミ拾い活動において企業(個人)の商品・サービスを、A4プレートに掲載しながら宣伝広告活動をさせて頂きます。活動場所は京都河原町駅周辺となるので、関西方面(京都メイン)での集客が期待できます。

活動期間】・・・毎週土曜日18:00-19:00の計1時間

【掲載場所】・・・パフォーマー2人の胸面、背中面に1枠ずつ。(計4枠)

【広告サイズ】・・・A4プレートに掲載。合計4枠(※現在1枠のスポンサーさまがいる為、残り3枠。)

活動自体は月に4回実施。毎月4時間分、上記写真のA4プレート部分に広告を掲載しながら活動します。(※雨天等によって実施が出来ない場合は代替日として基本毎週水曜日に実施している募金活動1時間分を代わりに実施)

こちらの活動は、その場に居合わせた通行人が見てくれて、記念写真(ツーショット)なども沢山撮られる為、大いな宣伝効果が期待できます。

(※また募金活動においては基本的に静止してのパフォーマンスとなる為、ゴミ拾い活動の方が宣伝効果は期待できます。)

ゴミ拾いと募金活動についての詳細が知りたい方は下のリンクからご覧下さい。

(ちなみにこちらの活動内での広告掲載料は僕個人ではなく、S+Renjoyの事業資金として扱われます。)

料金プラン

①【1ヶ月契約】1枠¥10,000(実施期間:1ヶ月/計4日・4時間分)※通常料金:0%割引

②【3ヶ月契約】1枠¥25,500(実施期間:3ヶ月/計12日・12時間分)※特別料金:15%割引

③【6ヶ月契約】1枠¥45,000(実施期間:6ヶ月/計24日・24時間分)※特別料金:25%割引

④【12ヶ月契約】1枠¥60,000(実施期間:12か月/計48日・48時間分)※特別料金:50%割引

料金プランは長期契約になればなるほどお安くなっております。

また、契約は基本的に最長1年での契約とさせていただきます。

入金から実施までの流れ

①メールにてやり取り

お客様から希望のスポンサー契約プランを伺い、気になる点や詳細などをメールにてお聞きすると共に、どのような内容を提示する予定なのかを確認します。(※公序良俗に反するもの、また活動にそぐわないものと判断した場合はお断りする事がございます。予めご了承ください。)

②印刷データと契約書の用意

お互いが納得しスポンサー契約を進めることになった場合は、コピー機で印刷できるA4サイズのデータをクライアント様の方で用意してもらい、こちら側で契約書を用意。

③「対談」または「電話&郵送」での契約

印刷データ、契約書を互いに確認し納得した場合、実際に会って契約をするか電話での話し合いの末に郵送での契約にするかをメールで決めます。

④契約書の確認

お互いに都合の会う日を決め、クライアントさまの事務所内やどこかのカフェ(喫茶店)での対談、または電話にて話を進めます。契約内容、実施日の細かい確認、パフォーマンスが実施できなかった際の対応方法、スポンサー契約において求める事(利益)の確認を行います。

⑤本契約

契約書に印鑑を押して、お互い1枚ずつ所有。(※クライアント様が遠方の場合は郵送にてやり取りを行います。)

⑥入金

契約が結ばれてから基本的に1週間以内の入金をお願いしています。(入金確認後、領収書を発行し、郵送または手渡しでお届け)

1週間以内に指定金額の振込が確認後、実際に宣伝活動を開始。決められた期間まで宣伝活動を行います。

⑦ヒアリング

1ヶ月以上の契約の際には毎月メールや電話にてヒアリングを行います。

実際の宣伝効果を聞きながら、僕たちで出来る範囲での最大限の努力を行います。(※契約内容に書かれている事以外は行えませんのでご了承下さい。)

⑧契約終了後

最終的な宣伝効果を伺い今後に生かします。そして、今後も継続して再契約して頂くのか、契約を辞めるのかをお伺いします。(※再契約の際はもう1度契約書を発行。宣伝広告のデザインを変更する場合はお受けいたします。)

最後に

もしスポンサー契約に興味がある場合は気軽に当サイトの「問い合わせ欄」からご連絡下さい。 最後まで頂きありがとうございました。

ABOUT ME
Mr.Kids
Mr.Kids
24歳・アーティスト 『自由に遊んで生きる』をモットーに活動。スタチューパフォーマーとして活動する傍ら、京都の街づくりと発展を意識したゴミ拾いや募金活動を実施。最近は、ミニマリストとして生活しながら、お金に対する知識やプログラミングを勉強している。