みんさん、こんにちは。

「ミニマリスト」を名乗ってるくせして、預金口座が大量にあったMr.Kidsです。(普段から多いとは思っていたんですがこの機会に数えてみたら驚愕しました。笑)

今回は一向にお金が溜まっていない預金口座をどんどん断捨離していき最終的に3つに絞っていこうという記事です。

お金が無いくせして預金口座を大量に作りがちな皆さん!(特大ブーメラン)

是非とも参考にしてみてください。

なぜ3つに絞る必要性がある?

Twitter、Instagram、YouTubeでお金に関しての発信をしているリベラルアーツ大学の「両学長」という方のYouTubeを最近よく見ているのですが、その中に「銀行口座の使い分け方法」という動画があったんですよね。

気になる方の為に動画を貼っておきますね。

その中で銀行口座は3つで十分だという話をされており、確かに口座を大量に持っていても仕方ないと理解し今回の断捨離に至ったわけです。

何口座あるかの把握

まずは今自分が何個の預金口座を持っているのかを把握しましょう!

とりあえず自分の口座状況を左上から順に説明していきますね。

①学生時代に仕送り用として使われていた「みずほ銀行」

②PayPayの入金手数料を0円にする為にわざわざ開設したものの、その後PayPay自体を全く使わなかった為に1度も使ったことがない「ジャパンネット銀行」

③Amazonなどの通販で決済手数料を0円にする為に用意した「バンドルカード」。デビットカードとして使えるリアルカードも発行して、たまにお買い物とかで使ってました。(※Visaプリペイドカード)

④1年ほど前から口座を開設し、ミニマリストとして目覚めた後はデビットカードとして発行後、多用・重宝している「楽天銀行」

⑤貯金用にわざわざ開設したものの、全く貯金が貯まらず作り損になった悲しき「三井住友銀行」

⑥家賃の振込手数料を0円にする為にわざわざ開設した「関西アーバン銀行」

⑦郵便局が近くの為、毎度入金でお世話になっている「ゆうちょ銀行」(※本人名義)

⑧プライベート用と事業資金用で分けようと思ったがそもそもお金が分けるほど手元に無いと2年後くらいに気づいた「ゆうちょ銀行」(※屋号名義)

⑨プライベート用の資金とS+Renjoy用の資金で分ける為に開設した「ゆうちょ銀行」(※団体名義)

⑩入学祝で祖父母から頂いた10万円を、当時浪費癖の酷かった僕に使わせまいとわざわざ貯金専門口座に10万円入れたまま実家から送られてきて放置しっぱなしだった「ゆうちょ銀行」(※貯金専門口座)

(実家に登録印鑑がある為、引き出せなくなってる仕組み。母からの「貯金をしてほしい」という願いも虚しく10万円以上貯まることはなかった。)

以上、計10個の口座になります。いやー実に多い。特に、ゆうちょ銀行。

ゆうちょ銀行だけで4個の口座持ってるとかどんだけゆうちょ好きなんだって話。ま、冗談はさておき、1人で10個の口座なんて多すぎるしそもそも管理しきれないし、管理するほどのお金もないという悲しい現実が押し寄せてくるので早速審査に入りましょう!

審査(整理)

今自分が何個の口座を持っているのかを把握したら順に1つづつ審査していきます。

①みずほ銀行・・・母親名義ということもあり放置していた口座。現段階では使用していないし必要もない→母親に返却

②ジャパンネット銀行・・・現在、PayPayを使用する予定がないから使う予定もない→解約

③バンドルカード・・・昔は多用していたが、楽天銀行にすっかり地位を奪われ最近は全く使わなくなった→解約

④楽天銀行・・・今まさしく多様中の「カード&口座」。無くなったらめちゃくちゃ困る→残留

⑤三井住友銀行・・・貯金専用口座を作る前にある程度の資金を貯める事の方が先決。そもそも普段使いのゆうちょ銀行で事足りる→解約

⑥関西アーバン銀行・・・家賃振込での手数料300円程度を浮かせる為ににわざわざ自転車で10分漕いでいくような距離にしか銀行扱い店が無い→解約(よく考えたら時間の無駄)

⑦ゆうちょ銀行(本人名義)・・・投げ銭入金用に必ず1つは必要→残留

⑧ゆうちょ銀行(芸名名義)・・・あってもなくてもどっちでもいい→解約

⑨ゆうちょ銀行(団体名義)・・・Mr.Kids用とS+Renjoy用とで分ける必要性あり→残留

⑩ゆうちょ銀行(貯金専用口座)・・・手元にあっても引き出せないしどうしようもない→母親に返却

結果

最終的に残ったのは、本人名義の「ゆうちょ銀行」団体名義の「ゆうちょ銀行」ネットバンクの「楽天銀行」の計、3つの口座となりました。

最後まで三井住友銀行を貯金用口座として残そうか迷いましたが、今はまだそこまでの必要性が無いのかなと思いキリよく3つでまとめることに。

選択のポイント

自分に本当に必要な口座を選ぶポイントはただ一つ

「その口座が無くなった場合、自分が困るかどうか?」

ミニマリズム関連の情報を読んでいると同じ事をよく聞くと思いますが、最終的には自分が困るかどうかで選択していきます。

楽天銀行は、コンビニや飲食店でお札・小銭を出さない為にもデビットカードとして絶対に必要。

本人名義のゆうちょ銀行は、大量の投げ銭を入金する為にも絶対に必要。

団体名義のゆうちょ銀行は、本人名義の銀行口座に入れて管理するととても計算が面倒になるので絶対に必要。

と言った感じで、全て必要な口座なんですよね。

貯金口座用の「三井住友銀行」も、家賃振り込み用の「関西アーバン銀行」もあれば便利です。でも無くてもそんなに不自由じゃないよねと僕の中では判断したので今回は極限まで絞って口座を整理しました。

最後に

冒頭で紹介した「両学長」の考え方とは少しずれてしまいますが、あくまでも今回はミニマリストとしての観点での口座整理をしてみました。

みなさんも、いつも使ってないし今後も絶対に使わないような預金口座があるなら今すぐ解約しに行きましょう。

管理はコストです。身軽に生きよう!!

最後までご覧頂きありがとうございました。

The following two tabs change content below.
Mr.Kids

Mr.Kids

23歳・アーティスト スタチューパフォーマーとして活動する傍ら、ゴミ拾いや募金活動、イベント運営なども行う。お金・遊び・ミニマリズムなどを勉強しており、今現在はプログラミングに挑戦中。