スタチューパフォーマンスに5年携わってきたMr.Kidsです。

このページではスタチューパフォーマンスのことについてお話ししていきます。

スタチューパフォーマンスって?

日本ではスタチューパフォーマンスと言われていますが英語の場合だと、

  • Statue Performance
  • Living Statue
  • Human Statue

などと表現され、直訳で「銅像パフォーマンス」「生きている彫像」「人間彫刻」なんて意味です。

要するに、人間が銅像(スタチュー)のフリをするパフォーマンスのことです。

日本の大道芸イベントにおけるジャンルでは「スタチュー」と呼ばれ、企業などのイベントなんかでは「彫刻人間」「銅像人間」などと表現される場合が多いです。

また、海外にいるレベルの高いパフォーマーだと本当の銅像と見分けがつかないくらいクオリティが高く、初めて見る観光客なんかは通り過ぎてしまうこともしばしば。

「ただそれっぽい格好をして、止まっているだけでは?」

と言われることも良くありますが、本当に奥が深いパフォーマンスなのでこの機会にスタチューパフォーマンスについて知っていただけたなら幸いです。

いろんなタイプのスタチュー達

スタチューパフォーマンスと一概に言ってもたくさんの種類があります。

銅像系

石像系

単色系

人形(仮装)系

植木系

空気椅子系

完全浮遊系

胸像系

クリーチャー系

神話系

複数系

などなど、この他にもまだまだ細かく分類すると数えきれないほどたくさんのタイプのスタチューがいます。

パフォーマンスと投げ銭(チップ)

パフォーマンス、バスキングにはつきものの投げ銭(チップ)。これは本来、その演者のパフォーマンスが素晴らしいと思ったらお気持ちで渡すものですが、

スタチューパフォーマンスと言ったら一般的なイメージで多い

「お金を入れたら動く」

と思っている方がたくさんいらっしゃいます。

事実、お金を入れたらリアクションをしながら動いて、観客を楽しませてくれるパフォーマーさんはたくさん居ますが、全ての方がそういうタイプではないのでご注意下さい。

リアクションのタイプで言うと、

  • お金を入れると動くタイプ
  • 何をされても全く動かないタイプ
  • 気まぐれで動くタイプ
  • 一定時間経過すると動くタイプ
  • 一定時間ゆっくりと動き続けるタイプ
  • 写真撮影のタイミングで動くタイプ
  • 観客に合わせて動くタイプ
  • 常に動いているタイプ
  • 曲に合わせて動くタイプ

ざっとこんな感じですかね?

あくまでも、パフォーマーですので人間です。自分の流儀を貫いて自分の動きたい時にしか動かない人もいるし、観客を楽しませる為に常に動いている方もいます。

「お金を入れてやったんだから動けよ!」

なんて思わず、

「楽しいな!」「面白いな!」「素晴らしいパフォーマンスだ!」

と思ったらチップを入れてあげてください。

全く動かないタイプのスタチューさんでも心の中では「ありがとう。」という気持ちを持っているはずです。

日本のスタチュー達

本来スタチューパフォーマンスというのは、パリやフランスが発祥と言われており(おそらく)、アメリカなどをメインに賑わっているパフォーマンスでした。

そんなパフォーマンスも今では日本に浸透してきており、今現在、2019年ではたくさんのスタチューパフォーマーが存在します。

中でもスタチューパフォーマンスが流行る以前からパフォーマンスをしていたのが、

  • ミスタァパペ さま(2003年)
  • Shiva さま(2006年)
  • パフォーマーKURAU さま(2006年)
  • POTE さま(2010年)
  • クラウンドレミ さま(2010年)
  • EnterTainerSyo さま(2013年)

この辺りでしょうか?

他にも、「雪竹太郎」さんや「シルバーゲイシャ/ゴールデンサムライ」さん
東京人形夜(現:パーツ・パフォーミングアーツ)の代表「パーツイシバ」さんやメンバーの「オリーブマチコ」さんなんかも古くから活動されている方々ですが、詳しい年代が把握できない、また王道的なスタチューパフォーマーをピックアップしたのでここでは割愛させていただきます。2014年以降活動されている方もここでは割愛させていただきます。

このブログを書くにあたってネットの情報を調べたり本人から聞いたものなので、もし年数の情報が間違っているようでしたらすぐさま変更するのでご指摘ください。

それにしても長い方は2003年からやっていると、今現在2019年なんで実に16年間!!僕はスタチューパフォーマンスを始めて今年で5年目なのでまだまだルーキーになるんですかね?

今、日本で活動されているスタチューパフォーマーさんはものすごく多いのでまた別の機会にまとめることにします。

最後に

もし街中でスタチューパフォーマーさんを見かけたら、手を振ってみたり、写真撮影をしてみたりして好きなように楽しんでみてください。(※叩いたり強く押したりなどはNG。またパフォーマーによって撮影料があったり、そもそも撮影自体NG、握手はいいけどボディタッチはNGなど様々な制限があるのできちんと確認したうえで楽しんでくださいね。)

そして、「楽しいな!」「すごいな!」と感動したならその気持ちを投げ銭(チップ)として渡してあげてください。

きっとあなたにとって良い思い出になることでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございました!

The following two tabs change content below.
Mr.Kids

Mr.Kids

23歳・アーティスト スタチューパフォーマーとして活動する傍ら、ゴミ拾いや募金活動、イベント運営なども行う。お金・遊び・ミニマリズムなどを勉強しており、今現在はプログラミングに挑戦中。