ミニマリズム

【生産効率爆上げ!】ミニマリストになるメリット一覧

みなさん、こんにちは。ゆるミニマリストのMr.Kidsです。

まだまだミニマリスト歴は短いですが、半年間のミニマリスト生活で実感できた生活の変化をご紹介していきたいと思います。

ミニマリストってなに?

ミニマリストとは、持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人のことを指します。また、最小限の「ミニマル(minimal)」から派生した造語でもあります。

物欲の変化

まずは大きな変化と言える、物欲の変化。

昔から超浪費家で、お金はあればあるだけ使って衝動的に大量の物を買っていた過去の自分とは比べものにならないくらい物に対しての執着が無くなりました。

自分が住んでいる部屋に物を増やしたくなくなり本当に必要な物だけで生活するようになったので、衝動的に物を見て欲しくなる気持ちが無くなり、本当に今これが必要かどうかと自問自答するようになりました。

物の管理の変化

物欲が少なくなると当然物が減り、購入する物も厳選してあれこれ買わなくなります。すると物の管理がしやすくなり、一つ一つの物を大事に管理できます。以前はどこに物があるか分からないような状況だった部屋も、今ではすべての物の場所を把握しており、物を探すといった行為自体しなくなりました。

物の管理のしやすさはミニマリストであるメリットの一つと言えます。

掃除の変化

物が少なくなると必然的に、掃除もしやすくなります。 そもそも物がないから、散らかる心配もない。よって、掃除がとてもし易くなり、「面倒な作業」といった負のイメージがあった掃除に対して、ミニマリストになってからというもののその感覚は180°変わることになりました。

僕は今1K(12帖)の部屋に住んでいますが、基本は掃除機を掛けずに毎朝クイックルワイパーで隅から隅まで拭き掃除をしていきます。大体3分くらいでその日一日の床掃除が終わるので掃除がとても楽になり、最近ではむしろ掃除が好きなレベルまでに変化しました。

https://mr-kids.com/archives/2336

時間効率の変化

この点においてはミニマリストになって一番のメリットだと僕は思っています。

所有物を最小限に抑えて管理するということは、物を買うときに選ぶエネルギーを使わずに済むし、物の管理に割く時間も必要最低限になります。物が少なければ掃除もしやすいですし、簡単に綺麗な環境を維持できます。そうなると時間効率が「爆上がり」し、自分の好きな事に全力でエネルギーや時間を注げます。

空いた時間で、読書をしながら自らの価値を上げ生産性を高めることも出来ますし、自分の好きなゲームに集中して楽しく過ごすこともできます。

つまりは、「ミニマリズム=生産性の爆上げ」このような方程式が成り立ちます。

経営者や社長さんにミニマリストが多いのはこの為です。自分の無駄な時間、場所を極限まで削って時間単価を上げながら生産性の高い仕事をしていく。そんな生活に憧れ日々実践しているのです。

最後に

ミニマリストって言葉だけを聞くと、宗教的で胡散臭いイメージを持つ方は多いと思いますが、僕が思うミニマリストの本質は生産性にあると思っています。

この記事を見て少しでも意図が分かったのであれば、簡単なもので良いですから普段全く使っていない物を断捨離してみてください。

その第一歩があなたの生産性を上げ、最終的には時間単価を上げることに繋がります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ABOUT ME
Mr.Kids
Mr.Kids
24歳・アーティスト 『自由に遊んで生きる』をモットーに活動。スタチューパフォーマーとして活動する傍ら、京都の街づくりと発展を意識したゴミ拾いや募金活動を実施。最近は、ミニマリストとして生活しながら、お金に対する知識やプログラミングを勉強している。