スタチュー

パフォーマーのプロフィールPDFの作り方解説

こんにちは、スタチューパフォーマーのMr.Kidsです。

今回は、プロのパフォーマーとして活動していく為には絶対に必要な「プロフィールPDF」の作り方を解説していこうと思います。

プロフィールPDFとは

そもそもプロフィールPDFとは何なのか。簡単に説明するとPDFファイルの「履歴書」です。僕はこんなことが出来て、過去にはこのようなイベントやフェスティバルに参加しましたよ!と言うことをクライアントさんへ簡潔にアピールするものになります。

今の時代、クライアントさんからメールなどでPDFファイルのプロフィール提出を求められるは珍しくありませんので、本気で仕事にしていく(している)人なら作っておいて損はないです。要領さえ掴めれば簡単に作れますし、一度作ってさえしまえばしばらく使えますのでまだ作ってない方は早急に作りましょう!

必要な物を準備しよう

プロフィール作りにあたって必要な物を準備しましょう。必要なものは以下3点。

  • PC(パソコン)(※Windows/Macどちらでも可)
  • 文章作成アプリ(Wordアプリ・Pagesアプリなど。無ければ他の無料文章作成アプリでも可)
  • 宣材写真(最低1枚。なるべく高画質な物を用意)

PCと文章作成アプリが無いとPDFファイルが作れないので必ず用意しましょう。(※スマホでも作れないことはありませんが作業が面倒なのでなるべくPCの用意を推奨。)写真に関しては1枚でも構いませんが、「バストアップ写真/全身写真/観客のいる風景写真」の計3枚があると、パフォーマンス内容の雰囲気が伝わりやすく仕事の獲得にもつながりやすいのでオススメです!

記載事項をまとめよう

必要な物が準備できたら直ぐにプロフィールを作るのではなく、先に記載事項をまとめましょう。先に書く内容をまとめることで文章の構成を綺麗にまとめることが出来、無駄な情報を書いて後から訂正したりせずに済みます。

記載内容は、

  • 名称(芸名&本名)
  • パフォーマンス内容
  • 活動実績

最低、この3点になります。必要ならば追加で電話番号やメールなどの連絡先を書いておくと良いでしょう。

では早速、上記3点について詳しくまとめていきましょう。まとめるのは紙とペンを使っても良いですし、Wordなどの文章アプリでも構いません。(ちなみに僕はいつも「 Mind Mister」と言うマインドマップを作るアプリを使っています。この作業に限らずブログ記事の構成や企画作りの際によく使っています。)

まとめると言っても、自分が過去出演してきたフェスティバルや受賞歴などをリストアップしたり、自分がクライアントさんにアピールしたいことをまとめるだけで構いません。パフォーマンスを始めたばかりで特に書く内容が無い人などは「どんな思いでパフォーマンスをしているのか」「どのようなパフォーマンスでお客さんを楽しませたいと思っているのか」などのアピールを書くと良いでしょう。

PDFファイルを作ろう

リストアップが終わり、記載する内容を綺麗にまとめたら早速、WordなりPagesなりの文章作成アプリでファイルを作っていきましょう。作るのが苦手な人は下のテンプレートや僕が実際に作成した資料を参考にしてみてください。

プロフィールを作る際は、クライアントさんに見られることを常に意識しながら作りましょう。相手が自分のどんな情報を知りたがっているのかを考えながら作ると良いかもしれません。僕の場合は、

シンプルで読みやすい文章、全体像とパフォーマンス内容が分かりやすい写真を元に、大きなイベントやメディアの出演歴のみを掲載しました。

イベントの出演歴が多い方は文章量が多くならないように規模の大きなイベントのみを掲載、逆にそこまでイベントに出演していない方は小さなイベントもきっちり細かく書くなど、自分に合った工夫しましょう。そして最後は、出来た資料をPDF化しましょう。場合によってはクライアントさんに送ったメールで表示出来なかったりする場合があるので、全てのパソコンで共通して開けるようにPDF化しましょう。

そしてもう1つ、プロフィールはなるべく1枚に納めましょう。2枚、3枚と用意し長々と自己PRをするより、本当に知ってもらいたい情報を簡潔に1枚にまとめた方が情報は伝わり易いです。また、PDFファイルの提出を求めるクライアントさんは忙しい方がほとんどですのでその点でも簡潔にまとめられている方が良いでしょう。

最後に

今回は、プロフィールPDFの作り方をご紹介していきました。案外簡単に作れますので、まだ作ってないパフォーマー、アーティストの方は早急に作りましょう!事前に用意しておくと急なお仕事のメールにも対応でき、返信が遅いが故に案件を失ってしまうことも防げます。全国の駆け出しパフォーマーさんの手助けになれば幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました。

ABOUT ME
Mr.Kids
Mr.Kids
24歳・アーティスト 『自由に遊んで生きる』をモットーに活動。スタチューパフォーマーとして活動する傍ら、京都の街づくりと発展を意識したゴミ拾いや募金活動を実施。最近は、ミニマリストとして生活しながら、お金に対する知識やプログラミングを勉強している。