遂に京都への募金額が合計10万円を超えました。

京都の大道芸人、スタチューパフォーマーのMr.Kidsです!

今回は僕が代表を務める、京都のストリート集団「S+Renjoy」の活動の一環として毎週1回、定期的に行っている募金活動についてお話していこうと思います。

募金をするようになったきっかけ

そもそもなぜ僕が募金活動を定期的にするようになったのか。

僕は以前からスタチューパフォーマンスによるバスキングを主な収入源として生活していましたが、大きく代わり映えしない毎日に飽きていました。違うことをしたいとずっと思いながらも逃げ続けて日々を過ごしていたある日、パソコン1台で自らのライフスタイルや活動を発信し仕事にする「プロ無職るってぃさん」や「ミニマリストしぶさん」などのインフルエンサーと言われる人々の存在を知りました。主な収入源はブログ、YouTube、講師などの情報発信です。

そんなお二人に憧れ、ここ数ヶ月くらいで僕の目標は

イベントにたくさん出る大道芸人になる!」から

自らの活動にファンがついて、自分自身が発信源となるインフルエンサーになる!」に変化していきました。

で、インフルエンサーになるにはどうしたらいいのか考えた結果、今のまま毎日変わり映えしない日々を過ごすのではなく様々な活動をしてみよう、そう考え過去にもやったことのある募金活動をひとまずやってみようと思ったのです。

過去の募金活動の話は下のボタンから↓↓

募金活動の概要

そうして企画し始めた募金活動。僕は「S+Renjoy」というストリート集団の代表を務めているのでひとまずグループ内で活動に興味のある者はいないか?と投げかけてみました。すると手を挙げたのが1人、同じスタチューパフォーマーのROBIT.です。

こうして2人で募金活動を行うことになり詳細を決めていきました。

協議を重ね、最終的に決まったのは

毎週水曜日の1時間、スタチューパフォーマンスを実施して頂いた投げ銭(チップ)の80%を募金、残り20%を活動経費として頂く」

というもの。(最初の1ヶ月のみ90%を募金分、10%が活動資金分でしたが、周りの募金を行っている人に聞くと10%はかなり少ない方だとと言われ、今後も必要なお金が発生してきそうでしたので20%に変更。

こうして2019年2月1日を皮切りに始まった「パフォーマンス募金」

続いてその狙いについて触れていきます。

左からMr.Kids、ROBIT.
募金活動のねらい

まぁ基本的にはノリと勢いで始まった企画ですがきちんと解説すると、

  • 純粋に京都に恩返しがしたい
  • バスキングに対する偏見をなくす
  • 楽しい気分で募金したほうがおもしろい!

この3点になります。

まず1つ。「純粋に京都に恩返しがしたい

僕たちバスカーは、募金が始まる前からゴミ拾い活動をしたりして京都のまちに恩返しをしているつもりではありましたが、金銭的な援助もあったほうがいいのではと考えた結果です。僕たちが募金できる金額はせいぜい1年で10万円ほどの微々たるものですが、やらないよりはましかなと思い募金活動を行っています。

そして2つ目。「バスキングに対する偏見をなくす

単純なことです。普段は生活費を稼ぐために仕事としてバスキングを行っている者もたまには町に貢献してあげてもいいんじゃないかと、そして結果としてこの活動を知った人が「あいつら別に悪い人じゃないんだな。」と思ってくれることを期待しています。バスキングに対して悪いイメージを持った方は特に日本では多いのではないかと思いますが、少しでも僕たちバスカーに対しての偏見がなくなれば幸いです。

最後に3つ目。「楽しく募金したほうがおもしろい!

はい、個人的にはこの要素が大きいです。街頭でラオスやカンボジアの為に募金を募っている学生団体がいますよね。とても素晴らしい活動だと思うのですが、僕は少しひねくれているので考え方が違います。

楽しい気分でお金を入れたほうがいいじゃん!そのお金が京都の為に回るなら最高じゃん!!

僕はパフォーマーなのでやっぱりただ普通に募金を募るのはなんか違うなってなるんですよね。通行人に「楽しかったから」というハッピーな気持ちが込められたお金を頂いて、そのお金を横流しに京都の町へ還元する。僕たちパフォーマーも楽しみながらパフォーマンスできるし、京都の町へも金銭的援助を贈ることが出来る。

こんなwin-winな構造が自然と出来てるんですよ。「パフォーマンス募金」なら。

そんなこんなでメリットだらけなので今も尚、続けているというわけです。

道路使用許可

今、現在(2019年6月時点)まだ活動し始めて5ヶ月程度ですが、毎月道路使用許可はとっています。基本的に露店やバスキングなど収益を目的とした道路使用などは許可されないのですが、募金活動や工事などに使われる際の道路使用は許可されます。

もし今後、募金活動をしてみようと考えている方は道路使用許可について検索してみてください。きちんとした手順を踏めば普通に通るものなので。

また継続的に募金を行っている、募金実績があるという場合は、京都府においての道路使用許可については申請手数料2000円が免除されます。(※その土地によって手数料の金額が変わります。

この辺の道路使用についての詳しい事情ややり方はについては別の機会にまとめますね。

募金実績

1ヶ月目 ¥8,599(日本赤十字社京都府支部)

2ヶ月目 ¥19,148(京都府共同募金会)

3ヶ月目 ¥11,067(京都府共同募金会)

4ヶ月目 ¥14,394(京都府共同募金会)

最後に

ノリと勢いで始まったパフォーマンス募金。

僕の突発的な活動についてきてくれたROBIT.に感謝申し上げます。

そしてパフォーマンスを見てお金を入れてくれた方々、本当にありがとうございます!きちんと正式な金額を京都府の方へ回しているのでどうぞご安心ください。(今後は京都府共同募金会へ募金

ひとまずこの「パフォーマンス募金」は2020年の2月までの1年間続ける予定です。もし町で僕たちを見かけましたら、どうぞ楽しんでいってください!

最後までご覧いただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.
Mr.Kids

Mr.Kids

23歳・アーティスト スタチューパフォーマーとして活動する傍ら、ゴミ拾いや募金活動、イベント運営なども行う。お金・遊び・ミニマリズムなどを勉強しており、今現在はプログラミングに挑戦中。