このブログ記事を書いてる、つい数時間前、パフォーマンス中に唾を吐き捨てられたMr.Kidsです。

怒り狂いムカムカしていましたがこのまま引き下がるのは勿体ないと思いブログ記事のネタにすることにしました〜!(俺、天才!ww)

てな訳で、お暇な方はご覧ください!どうぞ!

ことの経緯

僕が普段通り、京都河原町駅前のマルイ近辺でバスキングによるスタチューパフォーマンスを行なっていた時のこと。

メイク準備中にフォロワーさんから「頑張って下さいね!」と声をかけられウキウキしながらパフォーマンスを始めた数分後の事でした。

しれーっと目の前を通ってきた男の人が、口から唾を吐き出す仕草をして、そのまま立ち去っていきました。

まさかとは思いましたが、一応投げ銭入れを確認してみると、なんとそこには少し粘度を持った透明な液体が。気付いた時にはもう遅く何処か遠くへ逃げていったその男に激しく怒りを覚え、呆然と立ち尽くしていました。

実際の写真です。閲覧注意!!

実際の写真

またやられたな、、、どうしようかな、、、と思っていましたが、お客様に頂いた大事な投げ銭をそんな汚いモノと一緒に放置しておくわけにもいかなかったのでとりあえず掃除することに。(過去にも一度経験済み)

数分前に着たばかりの服を脱ぎながら着々と準備をしました。京都マルイ様のお手洗いを借りて水で流しトイレットペーパーで拭き取りひとまず綺麗にしました。

パフォーマンスはその後再開したものの、このまま当てどころのない怒りをどうしようかと考えた結果、最近始めたブログのネタにしてやろう、そう思ったわけです。

唾を吐き捨てる人の心理

じゃなぜその方がわざわざ道端ではなく僕の投げ銭入れにピンポイントで吐いてきたのか考えてみることに…

調べてみて初めてわかったのですが、唾を吐き捨てる人の心理は、

  • 世間に対する反骨心
  • 自信のなさの表れ
  • 習慣・躾の不足
  • 自分のことで手いっぱい

こんな状況であると。

なんだか、見ていて心が痛くなってきました。

すごく可哀想な人なんだなって。その思うと自然と心が穏やかになり、彼に対する憎しみも消えたような気がしました。

唾を吐き捨てられた時の対処法

ここからがメインです!

スタチューパフォーマンスであまり経験することはないとは思いますが、

パフォーマンス中に唾を吐き捨てられたらどうするべきなのか?

大抵の人はその瞬間、頭が真っ白になり激しく怒り狂うはずですが、ひとまず冷静になりましょう。

自分はスタチューパフォーマー、エンタメ業の一因です。イベント中にしろ、バスキング中にしろ、その場でトラブルを起こすといくら相手が悪くても、出禁になったり、動画で拡散されて自分の評判が悪くなる場合があります

怒り狂う気持ちを抑えて、冷静に状況を判断し、今、自分がするべき対応はなにかを考えましょう。

チェックするポイントは3つ!

  • 唾はどの範囲で掛かっているか
  • 今、自分がこの場を離れても問題ないか
  • 近くに水場があるか

この点を踏まえて行動しましょう。

唾が少量ならティシュで拭き取ることが可能ですが、見ず知らずの他人が吐いた体液なんて誰も触りたいと思いませんよね。でも放置すれば今後入って来るであろう投げ銭にまた唾が付着する、なんて事もあり得ます。

もし時間や場所に縛られていないバスキング中なら、すぐに唾を取り除く準備をし、でき次第水場を借りてどうにか取り除きましょう。

もし時間や場所が縛られているイベント中なら、事情を説明し一旦休憩させてもらうか、どうしても無理な場合は投げ銭入れを変更する、もしくは最悪そのまま放置して後から片付ける事にします。

とにかく、その場を離れられないような状況なら一パフォーマーとして、一エンターテイナーとして「その件」を頭から切り離し、気持ちを瞬時に入れ替えて目の前のお客さんを楽しませることに集中することが大事です。エンターテイナーを語るならどんなことにも臆さずどっしりと構えて自分のパフォーマンスを披露しましょう。

気持ちを切り替えれないと

先ほど、気持ちを切り替えてと書きましたが、もし気持ちを切り替えれずにいるとどうなるのか…?

スタチューパフォーマンスを4年ほどやってきたのでそれなりに辛いこと、嫌なことを乗り越えてきました。

その経験から学んだことは「負のオーラは伝染し、やがて人を離れされる」ということです。

いくら僕たちが笑顔で対応してたってお客さんからしたら分かっちゃうんですよね。心の奥底にある邪悪な気持ちが。

負のオーラを発しながらパフォーマンスをしていると、今までたくさん人が集まっていたとしても面白いほど離れていき、代わりにどんどん負のオーラを持った人間が集まってきます。これは4年間で身をもって体験した内容なので間違いありません。

もし時間や場所が自由に決められるのであれば、どうしても気持ちを切り替えられない場合は一度休憩するか、その日は休んでしまいましょう。

負のオーラを発したパフォーマーなんてパフォーマーじゃありません。人を楽しませることが仕事なのにそんな状況でやっても誰も得をしないでしょう。

最後に

本当はこんなことに悩まずにのびのびとパフォーマンスするのが一番ですが、もしもその場に直面した場合のことを考え、頭の片隅にでも置いてくれると幸いです。

一人でも不幸な人間が減りますように、パフォーマーにもっと理解のある世の中になりますように。

みんなの幸せを願っています。

最後までご覧頂きありがとうございました!

The following two tabs change content below.
Mr.Kids

Mr.Kids

23歳・アーティスト スタチューパフォーマーとして活動する傍ら、ゴミ拾いや募金活動、イベント運営なども行う。お金・遊び・ミニマリズムなどを勉強しており、今現在はプログラミングに挑戦中。

2 thoughts on “スタチューパフォーマンス中に唾を吐き捨てられた時の対処法!”

  1. すぐに対処できない可能性も考えて、替えの投げ銭入れになるものを、なにかしら用意しておくっていう手もあるよね

    100キンにある、投票箱?抽選箱?みたいな、折りたたみ式のを、デコって持っておくのもよいかもと思った。

    1. コメントありがとうございます!
      まぁ滅多にないことなんですが、折り畳めるものなら忍ばせておいても場所を取らないし万が一の時に安心ですよね~

現在コメントは受け付けていません。